直線上に配置

ベビースリングを使う上での注意点

ベビースリングは育児を楽しくするアイテムです。ここに書いてあることをよく読んで正しくお使い下さることを願っています。 こちらに書かれている注意事項は、安全に使用するための、欠かすことの出来ない内容です。お子様への傷害を避ける為に必ず、お守りください。お読みになった後でも、プリントアウトするなどして、お使いなる方がいつでも見ることのできる状態に保管して頂きたいと思います。

アイコン 警 告!
 

(禁止)
 ・原則的に子様を抱っこまたはおんぶする以外の目的では使用しないで下さい。
 ・ベビースリングを装着したまま、自動車、自転車などを運転することは、大変危険なので、止めて下さい。
 ・使用中は、走ったり、跳んだり、急に方向転換したりすること等、無理な姿勢はしないで下しさい。
  ・首がすわっていないお子様にご使用する場合は、十分に気をつけて下さい。
 ・必ずお子様の顔の前に、呼吸ができる空間を確保して下さい。
 使用前には、商品に劣化や破損(縫い目が解けている、破れている等)がないか調べて、異常が見られた場合には使用しないで下さい。
 身体に腰痛などの障害や病気のある方は、使用前に必ず専門医にご相談の上、使用して下さい。
 お子様に股関節脱臼の疑いがある方は、使用前に必ず専門医に相談して下さい。
 ・ おんぶの時は、装着直後と、定期的に鏡でお子様の状態を確認するようにして下さい。
 ・ ベビースリングは布で出来ています。劣化は避けられません。あまり使わなかったから、といって、次の子に使ったり、友だちにあげたり、オークション、フリーマーケット等に出すことはお止めください。また購入することもお止め下さい。輸入メーカー物にも同様の注意書きがあるはずです。それでも使われる場合は、必ず自己責任において!お使いください。


アイコン 注 意
 

使用中は常にお子様に注意を払い、物や人にぶつけないようにして下さい。
使用中は火や熱湯、熱い飲み物など、やけどの恐れのあるもののそばに近づかないで下さい。
使用中はお子様が安定し、心地よい状態であることを定期的に確認して下さい。
自由にアレンジすることはできますが、リングを取り付けている布の部分が絶対に離れないようにして下さい。
装着後、違和感がある場合は、再度装着しなおしてください。
・ 連続して2時間以上同じ姿勢は、避けて下さい。(2時間の間同じ姿勢で入れっ放しにしないで下さい。たまには出して、姿勢を変えてあげて下さい)


アイコン アドバイス
 

装着する際に、生地がねじれないようにして下さい。ねじれていると上手くお子様の体重が分散されず、腰や肩に負担がかかります。
お子様の体重を肩や背中全体に分散させる為に、肩は肩骨の上にスリングの中心くるように乗せ、背中は生地を十分に広げて下さい。
ポーチ部分をしっかり広げてベビーの入るスペースを作ってあげて下さい。
新生児は、軽くて小さい為、布で包みにくいので、おくるみごと抱っこすると安定します。
ベビーが大きくなり重くなった場合、スリングを2本両肩にかけクロスして使うと楽に抱っこできます。


※その他、注意事項は、ベビースリングQ&Aにもありますので、あわせてご覧下さい。
トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置